2022年8月27日

全身写真を盛ろう!

カテゴリ:雑記

着画用に、こんなものを作ってみました。

いいでしょ、かわいいでしょ。
最初は写真を撮ってからくまイラストを載せればいいやと思ったんですが、そうなると、真顔でポーズを取っているシュールな自分を直視しなければならないんですよ。それはちょっとキツイ。かといって、ひとりで笑顔を作って写真を撮るのもなんか空しい。その点、これだったら空しくないし、手のやり場もできて都合がいいし、加工いらずで楽ちん♪
唯一問題があるとすれば、レビューするような服なんて買っていないということだけです!(なぜ作った)

というわけで、せっかくいい出来なのに使い道がないままというのも悲しいので、ちょっと検証などしてみましょう。全身写真は、どのアングルから撮るのがいいのか?

ROOMでコーディネートを見ていると、あとから加工する手間がいらないからか、スマホで顔を隠して撮っている写真が結構多くあります。でも、聞いた話によると『全身写真は、腕を伸ばしスマホを逆さまにして、できる限り下から撮ったほうがスタイルよく写る』んだそうなんですよ。
確かにそのほうが足は長く、顔は小さく写るだろうな、っていう理屈はわかります。でも今まで全身写真を撮ろうという機会がなかったので、実際どう変わってくるか試したことはなかったんですよね。

一眼レフ+三脚を使用し、多くのスマホカメラの画角に近いであろう18mm(APS-C機なので35mm換算で28mm)で撮影しました。順番に、床から約50cm、70cm、90cm、110cmの高さ。クリックで一応拡大できます。体の角度が一定でなくてすみません。

どうでしょう。50cmはちょっと下から目線過ぎるかな、あれっ、90cmになってもあんまり印象変わらないな、って思いながら撮ってたんですが、110cmになって急に胴長になってませんか?90cmと110cmのあいだでなにが起こっているかというと、カメラの高さが腰の位置よりも上になっているのです。

つまり、全身写真は腰よりも下の位置から撮るべし!
(比較のために出したけど、110cmの写真を単独で出すとしたらちょっとイヤ!)

あまりのイヤさに110cm以上は撮らなかったんですけど、自分の目の高さくらいの位置まで上げれば、逆に明らかに上から目線なのがわかる写真になるので、胴長とか短足とかが悪目立ちすることはないのかな、と思います。中途半端なのがだめ。
腰から下なら、どこから撮っても足の長さはそんなに大差ない感じですが、50cmは下から撮ってます感が出てるし、自然さを狙うなら私の場合70~90cmくらいが無難そうです。ボトムスを特に強調したいならあえて下からとか、下半身のボリュームが気になる場合はあまり下からだと大きく写っちゃうので、腰の高さちょうどで撮るといいかもしれません。

あとついでに撮ってみたけど、思ったよりわかりにくかった……。でもせっかくなので、一応。
広角で撮ると膨張して写るので、すっきりと見せたい場合、望遠側で撮ったほうがいいんですよ。というわけで、左がこれまでの写真と同じ18mm、右が32mmで撮ったものです。もっと望遠側にしたかったんですが、スペース的にこれ以上は無理でした。

私よりも壁の木材(名前がわからない)を見てもらったほうが、膨張して写っているのがわかりやすいと思います。この歪みと同じ分だけ、わかりにくいけれど私も歪んで写っているのですよ。やだわー。
以上、焦点距離を選べる状況なら、望遠側のほうがシュッとして写るよという例でした。

そんなわけで、ちょっとしたカメラ位置の違いで見せ方を変えられます。自撮りはもちろん、人を撮るときも、相手との身長差やキャラクターを考えて上から下から、いろいろ試してみてね!

(三脚を最大限伸ばして撮ってみた)

🍀にほんブログ村に参加しています。よかったら押していってくださいな。
にほんブログ村 小遣いブログ 楽天アフィリエイトへにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


こちらの記事もどうですか?
ワイヤーで便利(かもしれない)アイテムを作ろう
〇〇でおなじみの人になりたい
うまくやってるつもりなの?