2023年5月8日

♪友達1000人でっきるっかな?

カテゴリ:雑記
タグ:

記事内にアフィリエイトリンクを含みます

現在私が楽天ROOMで最も力を入れて取り組んでいることが、『1日1000いいねを使い切る』ことです。そしてそれを、いかに効率的に使うか。
一応、うまくやれば1200~1300いいねくらいは返ってくるはずなんじゃないかなー?と計算しているんですが、まあ、なかなかそううまくはいきません。

要は、見極めるべきは『誰がより確実にいいね返しをしてくれるのか』、『誰にいいねすれば、1いいね以上が返ってくるのか』ということ。

ROOMの不文律として、『いいねされたらいいねし返す』というものが広く浸透しています。でもあくまでも不文律なので、する人としない人がいるわけです。極端な例だと、自分から特に何のアクションも起こさずともクリック数をガンガン稼げるようなインフルエンサーは、わざわざいいね周りなんてしなくても高ランクを維持できるため、必要最低限のいいね(Bランク以上の維持条件である、3ヵ月に1いいね)くらいしかしない人も多いと思います。
だから、見返りを求めるのであれば、いいねする相手は『普通の人』。不文律であるいいね返しをこまめに行うことで、クリック数や売上を確保しようとする一般ユーザがおすすめです。

じゃあ適当に誰でもいいからいいねすればいいじゃん、っていう話でもありません。『人のいいねを追いかけるだけで、自分の投稿のいいね返しはしない人』が相当数いるのです。よく後追いと呼ばれる奴らですね。
ですから、そういう人(というかアカウント)を除外していいねしなければなりません。そしてそういう人たちからいいねしてもらうためには、別の誰かにいいねする必要が出てくるわけですが、そこの見極めがもうね、難しいし、何より空しくなってくるんですよ……!人間は愚か!!

公式 PUIPUI モルカー図鑑

楽天市場で詳細を見る

Amazonで詳細を見る

画像は楽天市場より

見極める方法はいろいろありますが、以前にご紹介したこの方法が、簡単で誰にでも試しやすいと思います。
私はHTMLをコピーしていらないタグを削除して必要な情報だけを残してリスト化し、COUNTIFとかVLOOKUPとか使って判別していきました。この方法だと、短時間でものすごい量を判別できるのでおすすめ。デメリットとしては、人間不信になります☆

もうひとつ、機械的操作でいいねをしているアカウントも、いいね返しは望めません。これを見極める方法もいろいろあるのですが、慣れるとぱっと見ただけでも「あー……(察し)」ってわかるようになりますよ。
botは所詮プログラム通りにしか動かないものですから、人間よりも規則的に行動します。投稿後やたらといいねしてくるのが速いとか、bot同士でいいねし合ってるような様子があるとか、ずっと見てると見えてくる特徴があります。
とはいえ、botに関しては『たぶんそうだろう』の域を出ず、確固たる裏を取れないので、最終的には一度いいねしてみて反応を見ることになります。そこでいいね返しがなかったとしても、イコールbotなのか、たまたま忙しくて返せなかった手動アカウントなのかは微妙なところではあります。

そんなこんなで疑心暗鬼になりながら1000いいねを押していけば、理屈の上では1000いいね以上が集まるはず!なのですが、これがなぜかなかなか集まらないんですね。まあ、相手は人間ですからね……。

とはいえ、わりと成果(※売上じゃなくていいね数)が出やすく見えやすいのがいいところ。自分ではコントロールしきれない不確定要素もそれなりにあり、基本的にはゲーム感覚で楽しめます(「人間は愚か!」って叫びたくもなるけど)。

1日1000いいね、あなたもチャレンジしてみませんか?

🍀にほんブログ村に参加しています。よかったら押していってくださいな。
にほんブログ村 小遣いブログ 楽天アフィリエイトへ


こちらの記事もどうですか?
朝コレ1stシーズンの振り返り
いいねに思いを込めすぎる
Pinterestを使いこなせない